2007年11月06日

大阪西成区飛田新地について

飛田新地について
レポートを書きたいと思います。

飛田新地とは現存する全国最大級の遊郭。
大阪のメインストリート御堂筋の一本東に堺筋がある。主要部は北向き一方通行なのだがその堺筋を南下していくと日本橋・えびす町電気問屋街がある、そのあたりから両側通行になるのだが飛田新地はえびす町から更に500mほど南下した地区に存在する。
堺筋を南下し最終的にはT字路にさし当たるのだがその一本手前を左に入れば飛田新地である。あまり目立たないが飛田新地というエントランスがかかげてある。
そのいったいに未だ遊郭が残っており時代をタイムスリップしたかのような感覚にとらわれるのは私だけだろうか?
実際飛田新地の中の宴会場には文化財指定されている建物もあり、遊女を照らすピンクがかったライトとあいまって遊郭という魅惑の空間が演出されている。

戸口を大きく開けた日本家屋がメインストリートには数十件と立ち並び玄関には遊女と客引きのおばちゃんがライトの閃光の中にたたずんでいる。
遊女はお客が前を通ると微笑み手招きする。客引きのおばちゃんが軒の前まで出てきて「おにいちゃんべっぴんさんやから寄っていって」と決まった商売文句をまくし立てる。

いろんな遊郭を見てきたが玄関から遊女を吟味できるところは少なく中に入って選ぶ手間が省ける。

値段は20分11000円というところだ。
しかし遊女にも20台前半のような子から50はとうに過ぎてるのではないかと思われる遊女もおりやはり年齢によって値段が違うみたいだ。

よろしければワンクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
posted by ヤミツッキン at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アダルト・売春・風俗系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6530260
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック